当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

さみしい | 北海道のスキー、スノボーなら【さっぽろばんけいスキー場】

スタッフ日記

2021.03.13

さみしい

朝は結構下がっていました~

 

 

とっても気持ち良い朝デス♪

 

 

 

スタスタとフジケン先生が大会に向けて

 

トレーニング!!

なんと4周目・・・😲

 

 

今日はと~くの山まで綺麗に見えていましたね~

 

 

そして・・・なんと

チャレンジ班は

 

校長先生!!

 

多分超~久しぶりのレッスンのハズ(笑)

 

 

 

ジュニアシーズンが終わってしまい

ゲレンデはちょっとさみしい😢

 

 

ここからは

今年とても印象に残ったお話をします。

 

 

男の子との出会いはオレンジリフト乗り場だった。

まだ一人で乗るのが不安ということで幼児の先生にお願いされ一緒に乗ることになった。

幼児とリフトを乗ると『誰と来たの?』とか『兄弟は?』・・・から色々話を広げていく。

その日も同様に話を広げていき車の話になり

スバルが好きだという。なかなかのマニアック?(笑)

直に理由が分かった!

その子が着ているウエアは数年前のJapanモデルで

スバルのワッペンが貼ってあったのだ!!

先生の車はスバルだよ~っというと

『スバルの何?』などスバル車で話が広がり

この子もスバリストか?っと思い〇〇君家の車は?っと聞くと

違った・・・ズルっとリフトから落ちるかと思った(笑)

スバルじゃなかった・・・

そして車の色が黒という話になり好きな色の話になり

黒色を探したり青を探したりとても楽しい時間であった。

大抵幼児との会話はおばあちゃんが全国数カ所何人も登場したり、

あのね~あのね~でなかなか話が進まない。

 

別れるときにまたね~ってそれから2週間後・・・

ウエストリフト乗り場で幼児グループを

横断させているときに

『あ!先生だ!あはよう』って声を掛けてきた。

びっくりした!

私はあっこの前の男の子だっとウエアで分かった。

子供からしてみれば教師はみんな赤いウエアで

ほとんど顔を隠して判別できるのは

性別・背格好・メット・ゴーグルとか・・・

教師同士だって誰か分からない時があるのに向こうから声を掛けてきたのだ!!

それから何度も会うたびに声を掛け合った。

先週の発表会でも会うことができとても楽しいそうに滑っていた。

 

 

そんな観察力の素晴らしい〇〇くんは来シーズンも来て見つけてくれるかな~・・・

私は・・・Japanウエア着てもらわないと見つけられない